少女☆歌劇 レヴュースタァライトを無料で見る方法!見どころやポイントを解説!

『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』は、2018年7月から9月まで放送されたアニメで、ブシロードとネルケプランニングによるメディアミックス作品。

2018年10月からはスマホゲームの配信もスタートし、アニメとミュージカルが相互リンクした新感覚ライブエンターテイメントとして人気を博しています。

ここでは『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』のあらすじや見どころ、ポイントや登場キャラクターについて、多少のネタバレを含みながら解説。

最後には『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』を無料で見る方法も紹介していますよ!

まだ見たことがない方や、もう一度みたいという方はぜひ最後までチェックしてもらい、『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の世界に触れてみてくださいね!

少女☆歌劇 レヴュースタァライトのあらすじ

国内有数の演劇学校である「聖翔音楽学院」では1つの演目が割り振られており、年に一度開催される「聖翔祭」で3年間上映することにより、1つの演目を洗練させていくという伝統がありました。

主人公の愛城 華恋は幼いころに見た舞台に魅入られて、それからトップスタァになることを目標にして、聖翔音楽学院に入学します。

2017年度に入学した99期生たちは戯曲「スタァライト」に取り組むことになりますが、2018年春に突然転入性が加わることに。

その人物こそ神楽 ひかりで、幼馴染みとの再会に喜ぶ華恋でしたが、イギリスから帰国した彼女は99期生に大きな波紋を起こしていくのでした。

そしてある日、ひかりが寮を抜け出してどこかに行くところを目撃した華恋は、コッソリと追いかけていき、見覚えのないエレベーターにたどり着きます。

恐る恐るついていくと、地下劇場が姿を荒らし、そこでは舞台少女たちがそれぞれの覚悟を決めて、「レヴューオーディション」に参加しているのでした。

少女☆歌劇 レヴュースタァライトに登場するキャラクター

愛城 華恋(CV:小山百代)

幼いころに見たレヴュー「スタァライト」に心を奪われて以来、舞台の道を目指して走り出しており、授業やレッスンを熱心に取り組む少女。

幼馴染みの神楽 ひかりが転入してくるまではオーディションで常に最下位で、そのため参加者一覧から外されるという危機的状況にも見舞われることに。

いつも元気に明るく振る舞っていますが、寝起きが悪いという一面があり、早朝レッスンを苦手としています。

神楽 ひかり(CV:三森すずこ)

イギリスの王立演劇学院から転入してきた天性を持ち、愛城 華恋とは幼馴染みの関係にある少女が神楽 ひかり。

しかしイギリスに在学していたころにオーディションで敗れてしまい、それから何かにとりつかれるようにしてレヴューに参加していきます。

華恋に対しては幼いころに「ともにスタァを目指す」という目標を共有しますが、彼女のキラめきを奪われることを防ぐため、オーディション参加を防ぐのでした。

天堂 真矢(CV:富田麻帆)

聖翔音楽学園第99期生の首席であり、両親ともスタァという舞台少女のサラブレッドが天堂 真矢。

学校で優秀な成績を収めるだけでなく、レヴューオーディションでもトップクラスの座を維持続けています。

まさに孤高の存在と言える人物で、恵まれた体躯に高く通る声など、天性の才に恵まれながらも、決して弛まぬ努力を続ける舞台少女でもあります。

星見 純那(CV:佐藤日向)

聖翔音楽学園第99期生で学級委員長を務めており、判断力や分析力に優れているのが星見 純那。

両親の反対を押し切ってまで舞台の道を選んでいますが、天性の才能を持つ真矢たちとの差にもがき苦しんでいる様子があります。

オーディションではひかりとの対戦を繰り広げますが、そこに華恋が乱入して敗北してしまったことにより、以降彼女に敵対心を燃やすようになるのでした。

露崎 まひる(CV:岩田陽葵)

愛城 華恋のルームメイトとで、実家は農場を経営していますが、祖母の勧めでバトンや音楽を始めたことにより、聖翔音楽学園画の入学に至るのでした。

しかし入学すると自分以上の才能を持つ人がごまんといる中で気圧されてしまいますが、その時に華恋の声をかけてもらったことで、彼女のキラめきに魅了されます。

それから彼女の世話を焼くことになり、次第に華恋に対して友情以上の感情を抱くようになるのでした。

大場 なな(CV:小泉萌香)

神楽 ひかりが転入してくるまでは、レヴューオーディションで優勝者に輝くという実力を持った舞台少女。

舞台の上でこそはきはきと歌って踊っていますが、普段はおとなしく引っ込み思案なところを見せており、華恋の明るさや前向きさに憧れている様子も。

また舞台での演技だけでなく裏方にも興味を持ったため、99期生が演じる聖翔祭「スタァライト」では脚本づくりに参加するのでした。

西條 クロディーヌ(CV:相羽あいな)

日本人の父親とフランス人の母親を持つハーフの少女で、かつては天才子役と謳われた実力を持っており、天堂 真矢に次ぐ舞台少女。

2人は良いライバル関係を築いており、クロディーネは超えることを目標にして、ずっとライバル視を続けてきました。

一番のスタァになるために努力を続けており、時おり会話の中ではフランス語が出る癖を持っています。

石動 双葉(CV:生田輝)

花柳 香子とは幼馴染みの関係にあり、彼女に誘われる形で聖翔音楽学院に入学。

入学時の成績こそ再開でしたが、香子が独り立ちまで面倒を見続けるためだったものの、次第にスタァに憧れるようになって努力を重ねていきます。

口が悪いところが目立ちますが、根のところでは優しい部分を持っており、何よりも香子のことになると文句を言いながらも最優先で動くのでした。

花柳 香子(CV:伊藤彩沙)

石動 双葉とは幼馴染みの関係にあり、日本舞踊の家元の娘という背景を持ちながら、日舞以外の芸能にも興味を持ったため、聖翔音楽学院へ入学します。

生粋のお嬢様育ちであるため一人で生活をすることができず、双葉にすっかり依存しており、彼女なしではままならない状態となっています。

しかしいつも笑顔を絶やさない様子を見せている反面、実は誰よりも計算高く行動しており、はんなりとした京都弁が表と裏を感じさせるばかりです。

少女☆歌劇 レヴュースタァライトの見どころ・ポイント

舞台を中心に据え置いた作品

『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』はオリジナルアニメとなっていて、大きな特徴は「舞台やミュージカルを中央に据えた作品」であるということ。

実際にアニメ化される以前から舞台活動が行われており、好評を博して2017年の初舞台から数か月度に再演が開催されていました。

さらにアニメ放送終了後にも、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-#2 Transition」が公演され、こちらも瞬く間にチケットがソールドアウトに。

アニメだけでなく舞台も楽しむことができ、それまで舞台に興味を持たなかった人は、一気に夢中になってしまう可能性があります。

もちろん、舞台を愛するファンにとっても、新感覚のライブミュージカルとなっているため、新しい発見や楽しみに触れることができるでしょう。

出演声優と舞台女優は同一

『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』に出演している声優は三森すずこや佐藤日向といった名前が連なっており、注目していた人が多くいるのではないでしょうか?

一方で舞台版のキャストを見てみると、こちらもアニメ版同様の名前が出そろっており、同一のキャストで公演がされていることが分かります。

現役の人気声優たちによる舞台公演というのも珍しく、普段裏方として活躍している声優たちが顔出しで演技を披露している姿は、誰もが新鮮に感じるでしょう。

『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』という1つの世界観が壊されることなく、アニメと舞台の両方で展開されているため、ファンになった人は両方をチェックすべきです。

異なる魅力を持った9人の舞台少女

『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』に登場する9人のキャラクターは、いずれも異なる個性と魅力を持っているため、どの子を推しにするか迷うことは必然!

明るくて活発な少女がいれば、おしとやかでおっとりとした少女もいて、必ずやお気に入りの1人に出会えることは間違いないでしょう。

またそれぞれの人間関係にも注目すると、より『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の世界観に引き込まれてしまうばかり。

物語を追っていけば、それまで気がつかなかった魅力や可愛さを発見することもできるでしょうから、気がつけば『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』全キャラクターに夢中になっていることもあるかもしれませんね。

少女☆歌劇 レヴュースタァライトを無料で見る方法は?

「スタァライトしたい!」
「ゲームをやってるけど、アニメはどうなんだろう?」

もう一度見たいという方や前々から気になっていたという方は、ぜひVODを利用して『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』を視聴してみてください。

dアニメストアなら月額432円で2,600作品以上ものアニメを視聴でき、さらにアニメ以外にも声優アーティスト出演のライブを楽しむことができます。

Amazonプライムビデオでも『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』を視聴することができ、さらにAmazonで買い物が多い方であれば、お得なサービスがもれなく付いてきます。

その他にも『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』を無料で見ることができるVODサービスはあります!

ぜひ紹介したVODサービスを利用してもらい、『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』で展開される「スタァ」を目指す少女たちの活躍を見て、アニメと舞台両方を追ってみてくださいね。