SSSS.GRIDMANを無料で見る方法!見どころやポイントを解説!

『SSSS.GRIDMAN』は、2018年10月から放送されているアニメで、原作は円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』。

原作は実写ドラマでしたが、完全新作アニメーションとして制作されており、基本的なコンセプトは継承しつつも新しい世界観が作り上げられています。

ここでは『SSSS.GRIDMAN』のあらすじや見どころ、ポイントや登場キャラクターについて、多少のネタバレを含みながら解説。

最後には『SSSS.GRIDMAN』を無料で見る方法も紹介していますよ!

まだ見たことがない方や、もう一度みたいという方はぜひ最後までチェックしてもらい、『SSSS.GRIDMAN』の世界に触れてみてくださいね!

SSSS.GRIDMANのあらすじ

高校生の響 裕太は、ある日にクラスメイトの宝多 六花の家の前で倒れてしまい、目を覚ました時には自分の名前を含めた記憶全てを失ってしまうのでした。

どういう状況なのかもわからないまま混乱していると、六花の実家が営むジャンクショップに置かれていた古いパソコンから、呼びかけてくる声に気づきます。

声の主はグリッドマンと名乗る人物で、裕太に「使命を果たせ」と言っては、状況はさらに混乱していくことになるのでした。

裕太は日常生活に戻っていくことになりますが、そこで街に謎の怪獣が現れるようになり、グリッドマンに導かれるがまま合体して戦うように。

何とか怪獣を撃破することができた裕太は、その日から六花と友人の内海 将の3人で「グリッドマン同盟」を結成しては、怪獣の脅威と立ち向かっていくのでした。

SSSS.GRIDMANに登場するキャラクター

響 裕太(CV:広瀬裕也)

ツツジ台高校1年E組に在籍する高校生で、自分の名前を含んだ記憶のすべてを失ってしまった少年。

六花の家で目を覚ますことになりますが、その後、グリッドマンに導かれるがまま合体して、町に現れる謎の怪獣と戦っていくのでした。

グリッドマン(CV:緑川光)

ハイパーエージェントと名乗るエネルギー体で、裕太がジャンクPCの前で「アクセス・フラッシュ」とコースすると、現実の世界に巨大な姿で出現できます。

最大70メートルの巨大な姿で登場し、記憶や本来の力を失っているものの、「迫りくる脅威から街を守る」という使命だけは理解している様子。

初期のころはキーボードで文章入力しなければコンタクトできませんでしたが、その後は最適化されることによって、誰とでも会話ができるようになります。

内海 将(CV:斉藤壮馬)

裕太のクラスメイトであり友人で、彼がグリッドマンと合体する瞬間を目撃すると、率先して彼らの戦いをサポートするようになります。

特撮が好きで、怪獣が出現するたびにウルトラシリーズの内容を口に出しますが、それがきっかけで裕太たちの助けになることがあるのでした。

宝多 六花(CV:宮本侑芽)

裕太のクラスメイトで、クールな態度と気だるげな口調で近づきがたい雰囲気が漂っているものの、根の部分は友達想いの優しい性格をしている少女。

裕太がグリッドマンと合体する瞬間を目撃したため、内海と一緒に彼のサポートをする「グリッドマン同盟」に加わります。

新条 アカネ(CV:上田麗奈)

裕太のクラスメイトで、ツツジ台を作り上げた創造主ともいえる人物。

表向きは社交的で明るい性格となっていますが、感情の起伏が激しい様子があり、裏では怒りを覚えた相手を殺すためにアレクシスと一緒に怪獣を作っています。

実家の部屋は大量のごみ袋と怪獣人形のコレクションで埋まっていて、ヒビが入ったメガネをかけるなど、プライベートでは破綻した生活が垣間見えます。

SSSS.GRIDMANの見どころ・ポイント

特撮ドラマが新作アニメとして登場!

『SSSS.GRIDMAN』は円谷プロダクション創立30周年を記念して製作された『電光超人グリッドマン』のアニメ版になります。

当時は浸透していなかったコンピューターを題材にした意欲作品として知られ、そこに円谷プロらしいアクションや合体、必殺技などが盛り込まれていました。

そこから25年の時を経て『SSSS.GRIDMAN』に生まれ変わりますが、ついに時代が『電光超人グリッドマン』の内容に追いついたと言えるでしょう。

インターネットはおろか、スマホを当たり前のように持つ時代となっているため、現代文明に通ずる内容からは目が離せません。

特撮もの出演したキャスト陣にも注目

『SSSS.GRIDMAN』は特撮ドラマに出演経験があるキャストが勢ぞろいしています。

サムライ・キャリバー役の高橋良輔は『超星艦隊セイザーX』で安藤拓人/ライオセイザー役を、マックス役の小西克幸は『天装戦隊ゴセイジャー』のゴセイナイト役を担当。

他にもボラー役の悠木碧は『仮面ライダーゴースト』でユルセン役を、ヴィット役の松風雅也は『電磁戦隊メガレンジャー』の並樹瞬/メガブルー役として出演しています。

まだまだ人気声優たちが出演しているため、豪華な声優陣が集結している作品としても見ごたえがあり、毎話登場するキャラクターたちのキャストにも注目です。

怪獣のデザインもレジェンドが担当

ヒーロー系アニメにおいて、味方だけでなく敵となる怪獣の存在も注目されますが、担当しているデザイナーはいずれも有名人物ばかりに!

平成ゴジラシリーズをで怪獣デザインを担当した西川伸司、平成ウルトラマンシリーズのヒーローデザインや怪獣デザインを手掛けた丸山浩などが担当。

平成の特撮ドラマを彩ったデザイナー陣が集結しており、平成最後の秋アニメを盛り上げるのに相応しい制作チームと言えるでしょう。

どのような怪獣が登場するのか、また毎回登場するグリッドマンの動きや必殺技などにも目が離せないばかりで、見逃せない展開が連続していきます。

特撮ドラマと新作アニメの違い

『SSSS.GRIDMAN』は特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』とは異なる部分があり、視聴したことがあるファンからすれば、すぐに気づくのではないでしょうか?

特撮ドラマ版ではコンピューターの世界で戦いが繰り広げられていますが、新作アニメでは現実世界に飛び出して戦闘が行われています。

なぜこのような違いが生まれているのか、それはアニメを進めていくことで見えてくるのではないでしょうか?

また裕太が記憶喪失になってしまった理由、アカネがなぜ怪獣を作って暴れるのかなど、考察したくなる部分が多々あるのも特長に。

『SSSS.GRIDMAN』は最終的にどのような終わり方を迎えるのか、最初から最後まで欠かさずチェックして、結末を見届けていきましょう。

SSSS.GRIDMANを無料で見る方法は?

「グリッドマン超かっこよくね?」
「六花とアカネもかわいいくてグッド!」

もう一度見たいという方や前々から気になっていたという方は、ぜひVODを利用して『SSSS.GRIDMAN』を視聴してみてください。

Netflixでは『SSSS.GRIDMAN』以外にもオリジナル作品を視聴することができ、独占配信されているコンテンツも数多くあっておすすめに。

Amazonプライムビデオでも『SSSS.GRIDMAN』を視聴することができ、さらにAmazonで買い物が多い方であれば、お得なサービスがもれなく付いてきます。

その他にも『SSSS.GRIDMAN』を無料で見ることができるVODサービスはあります!

ぜひ紹介したVODサービスを利用してもらい、『SSSS.GRIDMAN』で描かれている裕太とグリッドマンの強さ、そして怪獣との戦いに注目してみてください。