ゴブリンスレイヤーを無料で見る方法!見どころやポイントを解説!

『ゴブリンスレイヤー』は、2018年10月から放送されているアニメで、SBクリエイティブから刊行されているGA文庫のライトノベルが原作。

アスキーアートと組み合わせて公開されてWEB小説で、「このライトノベルがすごい!2017」では新作部門で1位を獲得した作品でもあります。

ここでは『ゴブリンスレイヤー』のあらすじや見どころ、ポイントや登場キャラクターについて、多少のネタバレを含みながら解説。

最後には『ゴブリンスレイヤー』を無料で見る方法も紹介していますよ!

まだ見たことがない方や、もう一度みたいという方はぜひ最後までチェックしてもらい、『ゴブリンスレイヤー』の世界に触れてみてくださいね!

ゴブリンスレイヤーのあらすじ

新米冒険家の女神官は新人冒険者のパーティーに誘われ、4人でゴブリン胎児に出ていきますが、経験がないことから奇襲を受けてしまうことに。

パーティーは全滅してしまい、女神官は窮地に立たされますが、そこにゴブリンスレイヤーと名乗る冒険者が駆けつけるのだった。

ゴブリンスレイヤーは銀等級(序列第3位)を持つ人物で、その背景には徹底された訓練の積み重ねがあれば、時に機種奇策を繰り出しては、ゴブリンを全滅させます。

女神官はこのできごとがきっかけとなって、ゴブリンスレイヤーと行動を共にしていき、やがて妖精弓手や鉱人道士、トカゲ僧侶といった冒険者3人組とも出会うことに。

そしてゴブリンが絡んだ様々な依頼や冒険に出かけることになり、一筋縄ではいかない戦いを協力しながら進んでいくのだった。

ゴブリンスレイヤーに登場するキャラクター

ゴブリンスレイヤー(CV:梅原裕一郎)

ゴブリンのみを狩り続ける専門家として、銀等級の冒険者として認められたのがゴブリンスレイヤーで、寡黙な青年。

過去に両親を亡くすだけでなく、村が滅ぼされた挙句に育ての親となってくれた姉もゴブリンによって惨殺されたため、「ゴブリンのせん滅」を行動原理として生きています。

戦闘能力はあくまで一般的な戦士クラスにとどまっているものの、ゴブリンを確実に倒すために訓練を積み科さ縁ており、自身も実力の程度を理解しています。

そのため知略や戦略を駆使して偶然性を排除しながら戦うことを得意としており、勝利をつかむためには手段を選ばないといった側面も持ち合わせているのでした。

女神官(CV:小倉唯)

ゴブリンスレイヤーと出会ったことは新米の冒険者でしたが、彼と行動を共にするようになると、徐々に評価を上げて鋼鉄等級にまで昇格。

神殿で育てられた誇示だった女神官でしたが、独立するにあたって冒険者としての道を選んだものの、その初陣でパーティーが全滅してしまい、自身も危機にさらされてしまうことに。

しかしゴブリンスレイヤーによって助けられると、以降は彼と一緒に行動するようになっては、少しずつ彼のことを知っていくのでした。

臆病な性格ながら聖職者らしい慈愛に満ちた性格をしており、虜囚を躊躇なく救護するだけでなく、人間・NPC問わず死者の冥福を祈るなど、様々な点で見られます。

牛飼娘(CV:井口裕香)

ゴブリンスレイヤーとは幼馴染みの関係で、明るく元気な牧場主の姪。

同じ故郷の出身ですが、ゴブリンの襲撃があった日は偶然にも叔父が経営する牧場に遊びに行っていたため、難を逃れていました。

現在は牧場で叔父と一緒に暮らしており、ゴブリンスレイヤーの帰る場所にもなっていて、冒険から帰ってくる彼を優しく迎えています。

またゴブリンロード率いる大群が押し寄せた時、避難を促されても帰る場所がなくなると言って拒否をするなど、強い芯を持っている一面をのぞかせています。

受付嬢(CV:内田真礼)

ゴブリンスレイヤーを知る数少ない理解者で、彼に好意を寄せている女性。

ゴブリンを討伐することは難しくないものの、新米では失敗することが多く、熟練者は引き受けてくれることが少ないため、ゴブリンスレイヤーには感謝を寄せています。

都で研修を終えると辺境の街に赴任し、その時に冒険者登録のためにゴブリンスレイヤーと出会ったのが最初で、以降は担当官として接し続けています。

妖精弓手(CV:東山奈央)

エルフの中でも要請に近いとされるハイエルフのレンジャーで、見た目こそ17~18歳の女性に見えますが、実年齢は2,000歳ほどになる麗人。

外の世界にあこがれ、一生を森の中で終えたくないという想いから冒険者になった経緯を持っており、卓越した弓の技術だけでなく黒曜石の短刀を使って戦います。

女神官とは姉妹のような関係を築いていますが、一方で鉱人道士とは種族的にも仲が悪いため、口喧嘩をしては子供っぽい様子を見せるのでした。

鉱人道士(CV:中村悠一)

ドワーフのシャーマンであり、禿げ頭と長い白ひげにずんぐりむっくりとした体型の老人で、仲間たちを独特の呼び方で呼んでいます。

外の世界で美味しいものを食べながら気ままに冒険をしたいという想いから冒険者になった経緯を持っており、様々な触媒を介した呪文を使うだけでなく、種族の特性を活かした近接戦闘を得意としています。

ゴブリンスレイヤーの無骨な態度を気にいるだけでなく、初対面から高い評価をしている人物ですが、その一方で妖精弓手とは犬猿の仲となっています。

蜥蜴僧侶(CV:杉田智和)

リザードマンの僧侶で全身を覆う鱗が特徴的な男性であり、見た目とは裏腹に常識人で丁寧な振る舞いを見せている人物。

パーティーのまとめ役を担っており、種族の宗教の教えである「モンスターの命を奪って位階を高め竜に転身する」ことを目的に、冒険者になった経緯を持っています。

身体的に秀でているため近接戦闘に長けているだけでなく、先祖である竜の力を使って戦うといった様子が見られ、一方ではゴブリンスレイヤーから貰ったチーズを大変気にいるといった様子が見られます。

ゴブリンスレイヤーの見どころ・ポイント

ゴブリンを借り続ける男の物語

『ゴブリンスレイヤー』の世界において、ゴブリンという種族は決して凶悪かつ強敵デアはありませんが、新人冒険者が失敗して命を落とすことが珍しくありません。

街を襲撃するなど悪さをする目立った部分があるものの、熟練者は相手にしないのが一般的であるため、冒険者ギルドでは悩みの種となっていました。

しかしそんな中に現れたのがゴブリンのみを狩り続ける男・ゴブリンスレイヤー。

彼は故郷をゴブリンによって滅ぼされるだけでなく、両親や育ててくれた姉を惨殺されたという過去を持っており、「ゴブリンのせん滅」を優先する人物でした。

前述したように決して難しい相手ではありませんが、誰も相手にする冒険者がいないことから、ギルド的には感謝の気持ちが寄せられることが珍しくありません。

またゴブリンに悩まされている辺境の街では、彼の登場によって問題が解決することも少なくなく、至る場所で英雄として扱われることも。

そのため吟遊詩人が彼の功績を歌いまわるといった様子も見られ、弱者にとってはまさしくヒーロー的存在といって過言ではありません。

優しく魅力的なヒロインたち

『ゴブリンスレイヤー』に登場する女神官はとても心優しい少女で、誰に対しても慈愛の心に満ちた健気な部分をのぞかせています。

またゴブリンスレイヤーの幼馴染みである牛飼娘も、彼を幼いころから知る数少ない人物で、何より帰ってくる場所を守り続けている人物。

2人とも対照的と言える人物で、女神官の振る舞いには癒しを感じるでしょう。

一方で牛飼娘に関しては、その肉感的な身体が魅力的となり、何より譲れない部分に関しては強い一面を見せています。

他にも女性キャラクターには受付嬢や妖精弓手をはじめとした人物もいるため、多種多様なキャラクターたちに魅了されてしまうかもしれません。

豪華声優陣が集結している作品

『ゴブリンスレイヤー』に出演している声優陣はいずれも人気声優と呼ばれている人物ばかりで、その豪華さからも見る価値があると言えるでしょう。

男性声優に目押しやれば、梅原裕一郎・中村悠一・杉田智和といった名前が並んでおり、女性陣から黄色い声援浴びています。

また女性声優は小倉唯や井口裕香、内田真礼に東山奈央といった顔ぶれになっていて、ビジュアル面からも支持されている実力ある名前が連なっています。

もちろん主要人物以外にも、日笠陽子や藤井ゆきよ、松岡禎丞といったメンバーも出演しているため、これほど豪華な顔ぶれは他にないでしょう。

それぞれどのような演技をしているのかに注目してもらって、『ゴブリンスレイヤー』のために集まった有名声優たちの実力に目を凝らしてみてください。

ゴブリンスレイヤーを無料で見る方法は?

「ゴブリンスレイヤーが面白い!」
「出演している声優が豪華すぎないか?」

もう一度見たいという方や前々から気になっていたという方は、ぜひVODを利用して『ゴブリンスレイヤー』を視聴してみてください。

『ゴブリンスレイヤー』はU-NEXTで配信されており、他にも漫画や雑誌といったコンテンツを利用することができますので、おすすめのVODとなります。
またNetflixでも配信されていますが、他にもオリジナル作品を視聴することができ、独占配信されているコンテンツも数多くあっておすすめに。

他にも『ゴブリンスレイヤー』を無料で見ることができるVODサービスはあります!

ぜひ紹介したVODサービスを利用してもらい、『ゴブリンスレイヤー』で描かれている物語を楽しんでみてくださいね。